駆虫とは?

駆虫とは文字通り、寄生虫を駆除することを言います。
寄生虫は次の3つに大別されます。

1.お腹に寄生する虫(回虫、犬鞭虫など)
2.心臓や肺動脈に寄生する虫(フィラリア)
  フィラリアの予防についてはこちら
3.体の表面に寄生する虫(ノミ、マダニなど)
  散歩など、主に外出の際に寄生します。

お腹に寄生する虫の駆虫は“虫下し”とも表現されますが、生後から6カ月以内の
子犬にも駆虫してあげるのが理想です。
お腹の虫の駆虫は経口薬によって行うのが通常です。

駆虫のタイミングには下図のようなガイドラインがあります。

※生後1か月から3か月までは2週間に1回
※生後3か月から6か月までは月に1回
※後6か月以上は3か月に1回(年4回)

子犬の見学の際には、駆虫を実施しているかどうかを念のため、ブリーダーへ
確認するようにしましょう。