ミニチュアダックスフンドのトップページ

ミニチュアダックスフンドの価格帯の目安

胴長短足の愛らしい容姿と明るく楽しい性質で幅広い層に大人気!
体の大きさによってスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3サイズ。
長い胴への負担に気を付け、ダックスフンドとの暮らしを活発に楽しみましょう。

ミニチュアダックスフンドの子犬やブリーダーを探しましょう

都道府県別のミニチュアダックスフンドのリスト

ミニチュアダックスフンドの子犬の地域別 一覧
北海道〕〔青森県〕〔栃木県〕〔京都府〕〔大阪府〕〔兵庫県〕〔高知県〕〔福岡県〕〔佐賀県
長崎県〕〔大分県

ミニチュアダックスフンドのブリーダーの地域別 一覧
北海道〕〔青森県〕〔岩手県〕〔山形県〕〔茨城県〕〔栃木県〕〔群馬県〕〔埼玉県〕〔千葉県
東京都〕〔神奈川県〕〔山梨県〕〔岐阜県〕〔愛知県〕〔滋賀県〕〔京都府〕〔大阪府〕〔兵庫県
奈良県〕〔島根県〕〔岡山県〕〔広島県〕〔香川県〕〔高知県〕〔福岡県〕〔佐賀県〕〔長崎県
熊本県〕〔大分県〕〔鹿児島県

子犬選びのポイント

まず、動きが活発で陽気な性格の子犬を選びましょう。
できれば、両親のPRA(進行性網膜萎縮)の検査結果を見せてもらいましょう。
耳の中やお尻が汚れていないか、目ヤニ、被毛のフケ、湿疹などがないかも確認しましょう。

外観の特徴

脚が短く、体長が体高の約2倍もある胴長短脚の体形でおなじみ。
体の大きさによってスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3サイズがあります。
ボディは筋肉質で引き締まっており、マズルは長く幅広く、鼻が十分に発達。中くらいの大きさの目は卵形で、
長い垂れ耳と垂れ尾をもっています。被毛は光沢のあるなめらかな短毛のスムース、耳や胸、四肢、尾に飾り毛の
ある長毛のロング、針金状の硬い被毛で眉とひげがあるワイアーの3タイプがあります。
毛色はレッド、イエローなどの単色、チョコレート・アンド・タンなどの2色、ダップル、ブリンドルなどバラエティ豊か。
ワイアーはイノシシ色や枯れ葉色、ソルト・アンド・ペッパーも認められています。

犬種特有の性格

明るく活発な犬です。大胆で好奇心が強く、遊びやいたずらが大好き。独立心が旺盛ですが、飼い主や家族
には従順です。見知らぬ人には警戒心を見せます。毛質によって性質が若干異なり、スムースは活発で
フレンドリー。ロングは穏やかで優しく、甘えん坊です。ワイヤーはテリアの血が入っているため、やんちゃで
気が強い面があります。

飼育環境と健康管理

どもサイズも小型なので、室内飼育に適しています。集合住宅でも飼えますが、むだ吠えには注意が必要です。
寒さに弱いので、冬季は温度管理に配慮して温かく過ごせる環境を整えて。夏季のエアコンによる冷やしすぎにも
注意してください。
胴長の体形は背骨に負担がかかりやすく、椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種です。階段の上り下りや高いところ
から飛び降りるなどは極力させないようにしましょう。また、すべりやすいフローリングにはカーペットを敷く
などの対策も必要です。歩き方がおかしかったり、背中や首に触られるのを嫌がるなどの様子が見られたら、
すぐに動物病院にいきましょう。この他、外耳炎や目の疾患などにも注意が必要です。

運動と食事管理

元々猟犬で活発なので、十分な運動を心がけることが望ましいです。
朝夕2回、20〜30分程度お散歩に出かけたり、広場で運動させてあげるようにしましょう。
ただし、ジャンプは背骨や腰に負担が掛るので避けましょう。
脚が短くて地面とおなかが近いため、夏場は地面の照り返しをまともに受けて
熱中症にかかる恐れがあります。散歩は熱い日中をさけ、早朝や日没後などの涼しい時間帯に
行くようにしましょう。
食欲が旺盛で肥満になりやすい体質の犬が多いので、食事の管理も大切です。
肥満になると背骨に負担がかかって椎間板ヘルニアを発症しやすくなるほか、
心臓病や糖尿病などの病気にかかりやすくなります。食事やおやつの与えすぎは禁物です。

行動特性としつけ

警戒心が強く、よく吠えるので、むだ吠えしないようにしつけを徹底させて。子犬の頃に家族以外の人や他の犬、
いろいろな音に慣れさせて社会性を養い、神経質にならないようにすることも大切です。やんちゃで気が強い面も
あるので、甘やかさずに根気よくしつけましょう。


日常の手入れのポイント

毛質によって方法が少し異なりますが、運動後などの毎日手入れをするのが基本です。
スムースは獣毛ブラシでブラッシングするか、硬く絞った布で全身をマッサージするように拭いてあげます。
ロングはピンブラシとコームで手入れし、手玉を防ぎましょう。
ワイアーはスリッカーブラシか硬い獣毛ブラシ、コームなどで手入れをするほか、
定期的なトリミングやブラッキングが必要です。シャンプーは月に1、2回程度で十分です。
たれ耳は蒸れやすいので耳掃除をこまめに行い、足裏の毛のカット、歯磨き、爪切りなども
定期的に行ってあげましょう。