チワワのトップページ

チワワの適正価格帯

チワワは、すべての犬種の中で最も小さくて、超可愛い犬種です。
日本でも大人気で、特にロングコートタイプがポピュラーで人気ですが、
近年はスムースタイプにこだわる愛犬家も増えてきています。
毛色のバリエーションも実に豊富でどの子にするか迷ってしまうくらいです(w)
チワワは少し臆病な子が多いので、社交的な子がいい場合は、
よく尻尾を振ったり、抱っこしても物おじしない子犬を選ぶと良いでしょう。
また、コロコロしている子はしっかり食事ができている証拠なので健康な証です。

小さくてもとっても勇敢なチワワ!小さくても生命力は豊かで寿命も安定しています。
うるんだ瞳が愛らしい世界一小さな元気犬。
温度や食事を管理して、元気いっぱいなチワワと楽しい生活を共に過ごしましょう!

チワワの子犬やブリーダーを探しましょう

都道府県別のチワワ リスト

チワワの子犬の地域別 一覧
北海道〕〔岩手県〕〔栃木県〕〔埼玉県〕〔千葉県〕〔東京都〕〔静岡県〕〔愛知県〕〔京都府
大阪府〕〔兵庫県〕〔奈良県〕〔広島県〕〔山口県〕〔高知県〕〔福岡県〕〔佐賀県〕〔熊本県


チワワのブリーダーの地域別 一覧
北海道〕〔青森県〕〔岩手県〕〔秋田県〕〔福島県〕〔茨城県〕〔栃木県〕〔群馬県〕〔埼玉県
千葉県〕〔東京都〕〔神奈川県〕〔岐阜県〕〔静岡県〕〔愛知県〕〔三重県〕〔滋賀県〕〔京都府
大阪府〕〔兵庫県〕〔奈良県〕〔岡山県〕〔広島県〕〔山口県〕〔香川県〕〔愛媛県〕〔高知県
福岡県〕〔佐賀県〕〔長崎県〕〔熊本県〕〔大分県〕〔鹿児島県〕〔沖縄県

子犬選びのポイント

第一に、元気のよい子犬を選ぶのが大切です。
動きがしっかりしていて、積極的にこちらにやってくる陽気な性格かもチェックしましょう。
目ヤニや涙で目の周りが汚れていないか、皮膚に湿疹やフケがないかなども確認します。

犬種特有の性格

明るく活発。好奇心が強く、ちょこまかと機敏に動き回ります。
小柄ながら勇敢かつ大胆で、大型犬にさえ吠え かかる怖いもの知らずの面も。
独立心が旺盛ですが、家族にはよくなつき、特に飼い主には深い愛情を注ぎます。
警戒心が強く、見知らぬ人には心を許しません。

行動特性としつけ

小柄ながら気が強く、甘やかすとわがままで
手に負えなくなることもあります。
飼い主がリーダーシップを発揮して上下関係を教え、
子犬の頃からきちんとしつけることが大切です。
警戒心が強いので、集合住宅で飼育する場合には
むだ吠えに注意して。かみ癖をつけないよう、
甘がみは早い時期にやめさせましょう。

飼育環境と健康管理

小型で運動量も少ないので、集合住宅にもぴったり。
やや神経質な面があるので、落ち着いた環境で育てるとベターです。
寒さに非常に弱いので、冬季は温度管理が不可欠。
室温を25度前後に保ち、寝床にもペットヒーターを置くなどして温かくしましょう。
暑さも苦手なので、夏はエアコンが必要ですが、冷やしすぎには注意してください。
体が小さくて骨が細いため、階段や椅子などから
飛び降りただけで骨折や脱臼をすることがあります。
室内の段差をなくす、階段に柵を置いて入れなくするなどの対策が必要です。
また、頭頂部の骨が完全に閉じていない犬が多く、
衝撃に弱いので、頭をぶつけないように要注意。頭を叩くことも厳禁です。
この他、水頭症や アレルギー性皮膚炎、目の疾患などにも注意しましょう。

体格データ

極小な体格のチワワ。その体格は、
体高が、15〜23cm
体重が、2〜3kg程度です。
頭部は“アップルドーム”と呼ばれる独特の丸い形をしており、
頭頂には「モレラ」と呼ばれる凹み(ペコ)があります。
大きくてウルウルした丸い目と、大きな立ち耳が特徴的です。

毛色のバリエーション

チワワの毛色にはスタンダードの規定はありません。
何十種類もの豊富なバリエーションに分かれます。
全犬種のなかでも、トップクラスのカラーバリエーションが存在する犬種です。
例えば、
フォーンセーブル
クリーム
チョコタン&ホワイト
ホワイト&クリーム
パーティ
ブラック・クリーム&ホワイト
トライ
ブラック&タン
レッド
フォ-ン&ホワイト
ホワイトフォーン
レッド&ホワイト
など、数え挙げれば、キリがないくらいです。(w)