トイプードルの体型について

トイプードルのトップへ | トイプードルの歴史 | トイプードルのFAQ
トイプードルの価格帯の目安 | トイプードルのサイズ

トイプードルの体型は、大きく分けると次の3タイプに分類できます。
※JKCなどで、特に厳密な規定が定められているものではありません。

1.ハイオン タイプ(足が長く、胴が短い)
2.ドワーフ タイプ(いわゆる胴長短足)
3.スクエア タイプ(胴と足の長さが同じくらい)
これは体高と体長の関係で区別されています。

ハイオン

トイプードルでは、一番多いタイプだと思います。
ドッグショーに登場するトイプードルはこのタイプがほとんどです。
体長に比べ体高が長い「足長な子」です。
全体的にスリムで骨細な華奢な子が多いようです。
お顔も小さく、目が小さい子が多いようです。
体重も軽めなのが特徴だそうです。

ドワーフ

体高に比べ体長が長い「胴長短足な子」です。
”スタイリッシュ”、”エレガント”というよりは、
”ユーモラス”、”コケティッシュ”という言葉がぴったりの体型です。
小さい体ですが、骨太でずっしりと重く、ガッシリ体型に見えるようです。
体の大きさの割にはお顔が大きくなるようです。
実際の体重も他のタイプに比べて重めの場合が多いです。
目が綺麗なアーモンドアイな子が多く、
理想的な美形タイプの目が多いのも特徴だそうです。

スクエア

ドワーフとハイオンの中間的なタイプで
トイプードルの理想体型とされています。
横から見たときに胴の長さと足の長さが等しく見え、
4本足と胴を結んだ形が正方形に見えることからスクウェアと呼ばれます。
ハイオン・ドワーフの特長を兼ね備えているそうです。