パテラとは

パテラとは、英語で「Patellar Luxation」という名称の略で、
膝蓋骨脱臼という症状・疾患のことを指します。
特にトイプードルに多く見られる症状で、
後ろ足の膝蓋骨(簡単に言うと、膝のお皿です)は通常、
膝関節の中央にあるべきなのですが、正常な位置にから外れてしまった状態が
「膝頭骨脱臼」です。
内側に外れる「内方脱臼」と、外側に外れる「外方脱臼」があり、
頻度としては内方が多いと言われています。
また、トイプードル、ミニチュアプードルなどの小型犬は「内方脱臼」、
中・大型犬は「外方脱臼」が多く、外方脱臼は、股関節形成不全が見られる
場合に発症頻度が高いと言われています。
小型犬ではプードルの他、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリアに
多いと言われる病気です。

発症の原因

外傷性(後天性)と遺伝性(先天性)があります。
外傷性(後天性)は、打撲や落下といったことが主な原因になります。
遺伝性(先天性)の場合は、出生時点から解剖学的な問題
(膝関節の発育不全、膝関節周囲の筋肉や靭帯の異常)があるとされています。
子犬の購入する際は、両親にバテラの症状があるかないか、
ある場合は、どの程度の症状なのかをブリーダーに確認しましょう。

パテラの重症度グレード

症状は、グレード1〜4まで4段階に分類され、
この数字が大きくなるほど重篤です。
グレード2以上は外科的手術により修復する必要があると言われています。

■グレード1:
 最も軽い程度です。
 この場合、時に無症状であったり、症状が出ても自然と
 膝蓋骨が正常の位置に戻って痛みもない場合が多くあります。

■グレード2:
 膝関節が不安定で、脱臼した場合に自然と修復されることはありませんが、
 指で押し戻して修復(正しい位置に膝蓋骨を戻す)ことが可能です。
 若いうちは特に生活に支障はなくても加齢と共に骨の変形を伴ったり、
 膝蓋骨を支える靭帯が伸びてグレード3に移行するとされています。

■グレード3:
 膝蓋骨が常に脱臼している状態ですが、まだ指で押し戻して
 修復することができる範囲です。
 膝を折り曲げたまま跛行(はこう※1)するようになります。

■グレード4:
 外れた膝蓋骨を指で修復することはできず、犬はかがみ込むような
 姿勢で膝を曲げたままの状態で跛行(はこう※1)します。

※1 跛行とは、足を引きずって歩くことを指します。

パテラの予防

次のような工夫をすることで、予防できます。

■滑りやすい床や、堅い床などは負担になりますので、
 柔らかいフローリングやコルクボード、ジョイントマットなどを敷くと効果的です。

■高いところから飛び降りるような状況を避けてあげること。

■硬い床や、地面でジャンプさせないこと

■膝の軟骨の両サイドにある筋肉が左右アンバランスになって
 しまうことも原因の一つでもあるようですので、
 毎日の適度な運動も大切です。
 成犬になり、しっかり筋肉が付くと、ほとんど外れなくなることもあります。