JKCとはJapan Kennel Club の略称です

JKCは、一般社団法人ジャパンケネルクラブのことを差しています。
各ブリーダーの詳細ページや、子犬の詳細ページで掲載されている「JKC」という言葉は、
すべてジャパンケンネルクラブのことを指しています。

設立は、1949年。農林水産大臣の認可を受けて設立されました。
1979年には、国際畜犬連盟(FCI)へ正式加盟し、アジア最大級の国際的な畜犬団体になりました。
所在地は、東京都千代田区神田須田町。

血統証明書(国際公認)の発行やトリマーの資格認定などもJKCで行っています。

2003年には、146犬種 575,792頭(世界第2位)が1年間に登録されました。

動物愛護の精神を高揚することを目的として活動する一貫として、ドッグショー、訓練競技会、トリミング競技会、ハンドリング競技会及びアジリティー競技会の開催のほか、災害救助犬の育成と全国各地での愛犬デーまた、愛犬とのふれあい写真コンテストなどを主催しています。


JKCについてさらに詳しく知りたい方は、
JKCのホームページをご覧ください