予想なんてできませんよね

お昼になんとなくチャンネルを替えていると、
某情報バラエティ番組で、キャバリアが映っていたので、目を止めてみました。
そうしたら、今年、人気が出る犬種のトップ3として、
1位サモエド、2位ミニチュアシュナウザー、3位キャバリアの
3頭の子犬が出演していました。

ちらっと見ただけなので、どういう基準なのかは分かりませんでしたが、
よくわからないですよね~。

実際に、今、人気が出ている犬種を紹介するのならまだわかりますが、
これから人気が出る犬種を予想するなんて、まず、不可能だと思いませんか?

サモエドなんて、知らない人のほうが圧倒的に多いでしょう。
こういうキャンペーンにおどらされて、
衝動的に犬を購入する方が増えないことを願います。

サモエドなんて、お世辞にも飼うのが簡単な犬種ではないですし、
キャバリアも、先天性疾患が多い犬種ですので、
子犬のを購入する際は、ご希望の犬種について、よーく勉強した上で、
選ぶようにしましょう。

元気いっぱいのミックス犬

ブリーダーさんが子犬の窓口に掲載して頂いているワンちゃんの
色んな動画を日々楽しく確認させて頂いているのですが、
最近、とっても元気にはしゃぎ回っている
子犬の動画がすごく印象に残ったので、紹介します。

たまらなく、可愛いです!

2件あるのですが、どちらのブリーダーさんも偶然、京都の方で、
どちらのワンちゃんも偶然、ミックス犬なんです(w)。
一頭目は、
チワワとプードルのミックスちゃん。
1
動画はこちら

二頭目は、
トイプードルとミニチュアピンシャーのミックスくん。
2
動画はこちら

やっぱり子犬は元気にしっぽを振ってくれる人懐っこい子がいいですよね~。

動画にぞっこん

昨日、
遠方のお客様から、某ブリーダーさんのジャックラッセルテリアについて、
お問合せがあり、ぜひ色々とお話を伺ってみたいということでしたので、
ご紹介させて頂きました。お客様のお住まいの比較的近隣にも
ジャックラッセルテリアの子犬のブリーダラーさんがいることをお知らせしたのですが、
色んな地域の子犬を見た中で、こちらのブリーダーさんの
JTの動画が特に気に入ったそうです。
少しブロークンでコロコロしていて可愛いです。
ジャックラッセルテリアを飼うのは初めてだそうですが、
性格などをネットで勉強し、そのやんちゃで元気なところに魅かれたそうです。
そう言えば新年の特番で、深さ1メール程あるプールの底にいる
ナマズ目がけて飛び込んで、見事、尻尾をくわえて引き上げるという
離れ業を見せた豪快なJTが紹介されていました。
ホント、ジャックラッセルテリアは小さなスーパードッグですね。
良いご縁があることを願っています。

1

また同じ犬種の犬を・・・

お客様からブリーダーへのコメントで多いのが、
可愛がっていた犬が死んでしまって、次の犬を探しているという趣旨のものですが、
ほとんどの方が、亡くしてしまった犬と同じ犬種の子犬をご希望されます。
そのようなコメントを読むたびに、よほど愛しておられたんだろうと感心させられます。
なかには、生まれ変わりと信じて、亡くなった日に産まれた子犬を
お探しになっている方もおられるほどです。
でも、生前の犬の容姿こだわりが強すぎて、複数のブリーダーの子犬を見学しても、
しっくりこずに、新しい家族を迎えられずにいる方もおられます。
また、
寝たきりになった老犬を何か月も懸命に介護して、その生涯を見届けた直後に、
新しい命をお迎えになるという素晴らしい愛犬家の方もおられます。
こんな飼い主さんばかりだったら、殺処分される犬なんていなくなるのに・・・

犬と一緒にトライ

某新聞の記事になっていたのですが、
新年の高校ラグビーでベスト4まで勝ち進んでいる尾道高校の
ラグビー部には、「もう一匹のチームメイト」がいます。
11年前から部のクラブハウスで飼っている”クー”が選手たちを見守っています。
元々野良犬だったクーは、いつからから練習場に現れて
選手と一緒に走ったり、ボールを追いかけるようになったそうですが、
野良犬なだけに、保健所の殺処分を心配した部員が監督に頼みこんで
選手たちが責任をもって部で飼うことになったそうです。
最初は反対していた監督も今では、
「世話を通じて、選手達に仲間を助ける心が育つ。ラグビーでも社会に出た
後も役に立つはず」と目を細めているそうです。
心優しい若者軍団と出会えたクーちゃんは幸せですね。

明けましておめでとうございます

みなさん、明けましておめでとうございます。

2015年がみなさんにとって、充実した一年であることを願っています。

年末の30日、31日にも子犬の窓口がきっかけでワンちゃんを迎えるご家族様が
おられて、新しい家族と、さごかし幸せな正月を迎えていると思います。
でも、間違ってもワンちゃんにおせち料理は与えないようにしましょう(w)。
(そんな人はいないか・・・・)

去年立ち上げた子犬の窓口ですが、おかげさまで少しずつではありますが、
ブリーダーさんと子犬の掲載数が増えてきています。
メールでの問い合わせやお電話で問合せも日々頂けるようになり、
飼い主様とブリーダーさんをマッチングさせることに、
大きなやり甲斐を感じています。
今年は去年以上にみなさんのお役に立てるよう、
努力していきたいと思います。

1

2

3

ウ○チまみれは可愛そう

行きつけののホームセンターに買物に行った時は、
必ずといって言いくらい施設内にあるペットショップに立ち寄って
ショーケースに陳列されている子犬を見るんですが、
昨日は、生後3か月経った秋田犬が、ショーケースの中で
身動きできなくなるくらい大きくなっていました。
その上、ウ○チまみれになっていて、本当に可愛そうでした。
そのことを指摘してあげようと店員を探してみたのですが、
どこにも見当たりません。
5分くらい待ってみたのですが、店員の姿は見つかりませんでした。
こんなずさんなショップでも、私の知る限りでは、
通い始めてからもう5年は続いているんですよね。
いつも犠牲になるのはもの言えぬ子犬ですか・・・。
愛情のある家族に迎えられることを祈るだけです。

22年生きました

引き出しを整理していたら、20年以上も前の写真が出てきて、
その頃に飼っていた懐かしい愛犬の写真がでてきました!
本当に、なつかしい~。
めちゃくちゃやんちゃで、
散歩が大好きで、
誰にでもフレンドリーで、
どんな犬にもフレンドリーで、
でも、お風呂が大の苦手で、
「お風呂入ろか?」っていう一声で石のように
固まって動かなくなっていました。

本当に一緒にいて楽しい犬でした。

ミニチュアピンシャーとヨーキーのミックスで、
狩猟本能がとんでもなく高く、烏や猫をみつけると
すっとんで行ってました。
そして、この子は、なんと、22歳まで生きたんです!
長寿の秘訣はいったい何だったんでしょうか?
食生活なんか、人間とまったく同じものを食べていんですよ!
ドッグフードなんてほとんどあげた記憶がありません(w)。
よく下痢をしていたのは、そのせいかもしれませんが、
そういう食生活も長寿と少しは関係がるのかもしれません。
この話しを知り合いにすると、その人も、まったく同じ経験を
したそうで、人間とまったく同じ食事をさせていたのに、
20年近くも生き延びたそうです。

でも長寿の一番の要因は、産まれもった生命力と、
ストレスの少なさのような気がします。
どうでしょうか?

スマイル

熊本県の石原ブリーダーのチワワくん、
とても微笑ましいスマイルショットでしたのでご紹介します(w)。
で、偶然ですが、ちょうど今日が生後100日目です。
良いご縁がありましょうように。。。
こちらのブリーダーさんは、いつもティッシュボックスと一緒に
ワンちゃんを撮影して、実際の子犬の大きさがよく分かるように
工夫しておられます。

1

このワンちゃんの詳細はこちら

モラル

昨日は、息子のサッカーの試合の応援に行ってきました。
とっても不思議なことなのですが、年長さんの息子は、なぜか
すごくサッカーが上手でチームのゴールのほとんどを息子が決めてしまいます。
といっても、特にサッカーに興味がある訳でもなく、毎日コツコツ練習
しているわけでもなく、週に一度の習い事としてなんとなく
練習しているだけなのですが・・・。いまだに自転車にも乗れないのに、
なぜでしょうね(w)。
試合場横の公園に柴犬を散歩させている70歳くらいのおじいさんを何となく
眺めていたら、植え込みに柴犬がうんちをし始めました。おじいさんは、
手ぶらだったので、どうやってうんちの処理をするのかなあ?と眺めていると、
何事もなかったように、そのまま、その場を立ち去っていきました。
いまだにこういう人がいるんですね。
犬のウンチを飼い主がちゃんと持ち帰るっていう暗黙のルールが
浸透してきたのは、この10年20年くらいでしょうか?
私が子供の頃は、外に出れはそこらじゅうにうんちがころがっていたものです。
その頃に比べれば、公園や広場は本当にキレイになりました。
社会のルール、エチケットをしっかりと守れる精神が大切ですね。