今回は実体験です

前回のブログを書いていて思い出したのですが、
昨年、家族で某テーマパークに遊びに行った時のことです。
犬との触れあえる有料コーナー(確か500円くらいだったかな)
を見つけました。10頭くらいの小型犬が20畳くらいの
スペースに放されているところに入って、撫でたり、
抱っこしたりできるということで、早速子供と入ったのですが、
長男がミニチュアピンシャーを撫でようとしたところ、
いきなり「がぶっ」っと手に噛みついて青アザができました。
出血が無かったし、子供も大きなショックは受けていなかったので
大ごとにするようなことはしませんでしたが、
もうちょっと、安全性を徹底してもらわないと話になりません!
この犬も息子に噛みつく前に、そんな雰囲気があったんです。
他の子供が触ろうとすると、極端に嫌がって逃げてしまうし、
尻尾を振る仕草もまったく見せていませんでした。
そんな犬を、ふれあいコーナーに放していること自体が、
サービスを提供している立場として、失格ですよね。
このテーマパークに限らず、遊園地などでも、
犬とふえあえるサービスがよくありますが、
たとえ、ふれあいコーナーであっても、挙動がおかしい犬には、
近づかないほうが懸命ですよっていうお話でもありますので、
ご参考にしてください。