月別アーカイブ: 2014年3月

ベビーシッター仲介サイト

ベビーシッターが幼児を殺害するという
本末転倒な恐ろしい事件がありました。
この事件が報道されるまでは、ベビーシッターを仲介するサイトがあることを
意識したことが無かったですが、今の時代、どんなサービスがあっても
なんら不思議ではありません。
インターネットの普及でサービスが多種多様になっていく一方で、
サービスを利用する側のモラル・責任感・危険予知能力がとても
浅はかなのではないでしょうか?
お子様を失くされた母親は過去にも同じサイトを利用していて、
子供の顔にアザができたことがあったといいます。
その時点で、母親としての危険予知能力が働いていたとしたら、
こんな悲しい事件が起きるはずはなかったんです。
これからこのようなサイトの実態調査が始まると思います。
色んな事情があるとは思いますが、
できれば、
密室で二人きりになるようなベビーシッターサービスではなく、
しっかりした保育所などの一時預かりを選ぶべきではないでしょうか?


この記事いいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
JRANK人気ブログランキング

STAP細胞問題

今、STAP細胞の論文や画像のコピー問題が大きな話題になっていますが、

みなさんはどんな感想をお持ちでしょうか?

私の感想は、やっぱり、

正々堂々と行って欲しかったということです。

もし、今回の問題が発覚していなかったとして、

後ろめたさはなかったんでしょうか?

せめて、後ろめたい感情は持っていて欲しいところですが、

そんな感情さえも持たずに歓びや優越感に浸っていたんだとしたら、

一人の成人として、一人の人間として、どうなんだろうと思います。

深く反省して本来の目的のためだけに

全ての能力を発揮するように生まれ変わってほしいと思います。


この記事いいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加


人気犬種は固定化?

人気犬種と言えば、何が思い浮かびますか?

ここ数年の人犬種トップ3はどの機関・会社などが調べても不動です。

トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフンド。

どれも屋内飼いに最適の小型サイズの犬種ですね。

特にチワワは極小サイズで、そこらへんの猫よりも小さいので

その小ささに惚れてチワワを飼うことになったオーナーさんも多いと思います。

でも、チワワって意外と人に懐かなかったり、攻撃的だったり、神経質だったりする

ケースをよく目にします。(あんなにちっちゃくて愛らしいのに・・・)

そういう意味でも、ペットショップで両親犬を確認することなく購入するよりも、

ブリーダーさん宅で親犬を見学して、親犬の性質・性格をよく観察することは

とても大切だと思います。

母犬が穏やかで人懐っこい性格であれば、その子もその性質が遺伝する可能性が高いといえます。

3大人気犬種の地位は当分はゆるぎないかと思いますが、

もっと多様な犬種に人気が分かれてもいいんじゃないかなと思います。

サイズの小ささなら、ポメラニアン、シーズ、パグ、ヨークシャテリア、チン、マルチーズなんかも同じくらいですし、

どれも、それぞれ個性があってとても可愛いと思うんですが・・・。

やっぱり日本人は、独自性よりも共通性を求めるんでしょうね。

例えば、

同じ毛色のトイプードルのオーナーが30人集まったら、きっとどの犬がだれのワンちゃんか

混乱するんじゃないでしょうか(笑)。


この記事いいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

動物愛護法の改正2

2013年9月に動物愛護法が改正され、

生後56日を経過しない子犬を繁殖業者(ブリーダー)が販売のために

お客様に引き渡したり、展示したりすることが禁止されました。

※ただし、激変緩和措置として、施行後3年間は生後45日、その後は49日と

段階的に期間を延長し、56日への変更は施行後5年以内という経過措置が付いています。

ブリーダーが犬の飼い主となるお客様へ子犬を直接販売する場合は、

経過措置の恩恵を受ける必要性は特にはないように思えますので、

早く可愛いワンちゃんを我が家に迎えたいという気持ちをグッと抑えて、

子犬の社会性の必要性の観点からも、急がず、慌てず、早くても50日くらいまでは、

ブリーダーの元、母親犬の元で生活させてあげてから

子犬を引き取るようにしましょう。


この記事いいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加

動物愛護法の改正

2013年9月に動物愛護法が改正され、

子犬を販売する場合は、お客様と対面での事前説明が必要になりました。

改正前は、

インターネットの普及でネット上で子犬の写真だけを見て陸送や空輸で

子犬を注文し、実際に届いた生体が想像していたものとは違ってい

てトラブルになるケースが多発していましたが、

法改正によってこのようなトラブルが少しでも減少すると良いですね。

「黙っていればわからないので、これまで通り対面なしでワンちゃんをお送りします」

なんていうブリーダーは論外・言語道断です。

もっと各種メディアでこの法改正が大きく取り上げられて、

広く一般の方たちの常識になってほしいと思います。

この記事いいね!
このエントリーをはてなブックマークに追加